大阪での二重整形手術の埋没法や部分切開法などの特徴とは

二重

二重整形としての切開とは

大阪のクリニックでは二重整形するための手術のやり方として切開をすることがあります。これには全部と部分切開というのがあります。どらちにもメリットはあるのですが、基本的には部分切開というのがお勧めできる場合が多いです。これはまぶたを切って縫合することになります。
そうした意味では全切開法と呼ばれる非常に大きく切開するタイプのやり方と方法としては同じになります。しかし、部分とついていることからもわかるように切開する範囲が全切開より狭いです。
ですから、ダウンタイムが短く、かなり早い期間で普通の日常生活に戻ることができます。まず、こうした大阪での二重整形手術のよいところとしては傷跡が少しでも減らしたい、という人に良いでしょう。全切開法よりは確実に傷跡を小さくすることができるようになりますから、これはとてもお勧めできる要素があるのです。
大阪のクリニックでの他の方法としては糸を入れて二重を作る方法もあります。これは糸を抜くことはないです。そのまま糸で二重を作るわけであり、こちらのほうが二重整形をしたことがバレにくいという特徴もあります。そのあたりはどんな風にやりたいのか、或いはどの程度の費用をかけることができるのか、ということから考えるのもありでしょう。あくまでクリニックでよく相談をすることです。

二重整形でコンプレックスを解消!

芸能人は誰が整形か、とまるで悪いことをしたかのように噂されるように、世間ではまだまだ表立って理解されていない整形ですが、一方でプチ整形という言葉のように簡単な二重整形手術はアイメイクの延長線上で気軽に受けられるものになってきています。
私自身(30代女性)を含め、周囲でも安価で気軽な埋没法の二重整形手術を受けた友人が大阪に結構な数いますが、あまり人に言えないことだと思うと実は相当数の人が受けているのではないかと思っています。
私自身に関しては、大阪で学生の頃から一重まぶたにコンプレックスを抱き、毎日アイプチを使用していました。いつも目元が引きつり、糊で荒れがちだったのを覚えています。20歳を過ぎた頃、思い切って母に相談すると、数日考えたのち理解を示してくれました。
大阪での手術は日帰りで15分程度の簡単なもので、当日と翌日は腫れてお岩さんのようになりましたが、腫れが治まってからは今までの生活が驚くほど楽になりました。毎日のアイメイクも楽しくなり、今まで気にしていたことが嘘みたいに楽になりました。例えば、いつも嫌だった美容院で洗髪の時に目を閉じることや、好きな人の前ですっぴんになることも苦でなくなったのです。
約10年経過した今でも自然な二重のままで、自分自身でも元々一重まぶただったことを忘れてしまうほどです。もし悩んでいる方がいたら、案ずるより産むが易し、一歩踏み出して二重整形を受けることをお勧めします。

二重の方法として切ることがあります

二重になるためには、色々と方法があるのですが基本的には体質によることですから半永久的になりたいのであれば手術しかないです。大阪でも二重整形するための手術というのはしっかとりありますから、それを考えてみると良いでしょう。まず、大阪では一般的にプチ整形と呼ばれるものがあり、それをするのもよいですし、がっつりとやるのであれば切開をすることです。
大阪でのプチ整形では糸を入れることになります。その糸が二重のラインを作ってくれるわけです。もう一つの切開をする方法ですがこれは本当にかなり綺麗に二重整形することができます。しかし、あまりにもはっきりとできてしまうのでどうしても整形をした、ということが周りにバレやすいという欠点はあります。
ですが、綺麗にすることができますし、どうしても瞼が厚く、糸を入れるだけでは二重整形しにくい人にはお勧めできます。二重というのはいろいろな方法で作れるわけです。ちなみに費用は自己負担になりますから、これは覚悟しておきましょう。
そもそも一重から二重にすることは別に病気を治すことではありませんから、それに対して国民健康保険などは適用されないというのは当たり前です。つまりは、結構な費用がかかる、ということになります。

二重のプチ整形で気になることをチェック!

二重整形をしている人は結構日本でも増えてきているのですが、いざ手術をするとなると怖い…って思ってしまう人もいますよね。そんな人にオススメなのが埋没法という二重整形です。埋没法での二重整形は、メスを使わずにできる手術なので比較的簡単にできることからプチ整形と言われています。そんなプチ整形ですが、それでも気になることがあるという人もいるでしょう。安心して憧れの二重にするために気になることを徹底チェックしてみましょう。
【手術は痛いか?】麻酔をするので痛くありません。強いて言えば麻酔を打つ時にチクっと痛みがあります。 【逆さまつげの人もできる?】できます。プチ整形ではまぶたを糸で結ぶので、まぶたの向きを調整させることができ、手術の際に併せて逆さまつげを治すことも可能です。
【二重の幅は選べる?】アイプチで作れる程度の幅の二重にすることが可能です。あまり幅広になるとプチ整形では難しく、例え、幅広にしたとしても糸が取れてしまったりして持続が難しくなります。
【メイクはできる?】手術の翌日からメイクができますが、腫れがひどい場合はメイクを控える様にしましょう。 【コンタクトはできる?】手術直後でもできますが、目がゴロゴロするなど違和感があります。一週間程度はコンタクトの使用は控えた方がいいでしょう。
【マツエクはできる?】マツエクは施術の際にまぶたにテープを張ります。なので、腫れが完全に引くとされる1か月後以降からにしておきましょう。

二重整形は日帰りでも出来るのか

簡単で安全な整形手術との認識のある二重整形は、日帰りで手術が受けることが出来ると、一重で悩んでいる方の多くが二重整形を考えられることかと思います。しかし実際、二重整形は日帰りで受けることが可能なのでしょうか。まず、二重整形の手術方法はひとつではないことを知っておかなくてはなりません。メスを使わず、針と糸だけで二重を作る手法は日帰りで受けることが可能な、最も安全で簡単な手術方法です。
しかし、二重整形はこれだけではなく、まぶたによってはメスを使う必要のある場合も生じます。多くの場合は二重整形の手術後は入院の必要性がありませんが、二重整形のなかでも最も難易度の高い手術である目頭切開方法の場合は、二重を作るだけではなく、目頭まで切開して目を大きく見せる手術を行うわけですから、大がかりな手術となります。
大がかりな手術後は場合によっては入院を余儀なくされることもありますし、アフターケアなどについて不安な方は自ら入院を申し出る方もいます。つまり、二重整形は必ずしも日帰りで受けることが出来る手術ばかりではなく、場合によっては入院が必要となる可能性もあり、まぶたの状態によって手術方法は変わるので、事前にしっかりとカウンセリングを受けておくことが必要となります。


二重整形を大阪でご希望の方はこちらへ
大阪で二重整形をしたいのでしたらこちらから相談してみましょう。二重整形には費用ももちろん発生するのですが、その面でもできる限りのサポートをしてくれますのでとてもおすすめです。

NEW POSTS

二重整形の種類と特徴について

水を飲む人

目が細いと周囲の人から目つきが悪いと思われてしまい悪い印象を与えてしまう事がよくあります。それによりコンプレックスになってしまうので目つきを良くするために二重整形をする人もいます。二重整形は手術をする事になるので事前に基礎知識をしっかり把握しておく必要があります。そこで二重整形の種類と特徴について見ていく事にしましょう。・埋没法二重整形の定番となっているのが埋没法で糸を埋め込…

二重整形の部分切開法と全切開法の特徴

ハート

二重整形の種類は埋没法と切開法がありますが、埋没法だと二重が元に戻ってしまう事があるので本格的に二重にしたい時は切開法で二重整形をしていく必要があります。切開法の種類は部分切開法と全切開法があります。部分切開法はまぶたを1cmほど切開して二重を作っていく方法で全切開法はまぶたを3cmほど切開して二重を作っていく方法です。そこで部分切開法と全切開法のそれぞれの特徴について見ていく事にし…

二重にすることができる埋没法について

エステを受ける人

二重埋没法というのがあります。これは糸を入れることによって、二重にしようとすることです。リスクとしてあるのが、まず理想の二重になるとは限らない、ということです。特にいえることは二重埋没法では、まぶたの脂肪が厚い人にはかなり難しいことになる点です。どうしても糸がゆるみやすくなりますから、そうした人は一重に戻ってしまうこともあるのです。そして、実はまぶたの厚さや。形というのはどうしても左…

どんな二重が似合うのかを考えてみよう

赤いネイル

西洋人はほとんどの人が二重まぶたなのですが、日本人の目は7割が一重まぶたです。最近はメイクや二重まぶたを作るアイテムなどもあるのでわかりにくいところもありますが、一般的には一重が多くて、二重まぶたに憧れている人もたくさんいます。二重まぶたを手に入れたいとなれば、美容整形で二重でぱっちりな目をゲットすることができます。では、美容整形でできる二重にはどんな種類があるのでしょうか?タイプに…

TOP